» 2018 » 4月  現場日記
人と建物、環境に優しい建築を・株式会社桜内工務店 神奈川県のRC・木造・鉄骨造・新築・リフォーム等、総合建設から注文住宅まで 櫻内工務店
資料請求 お問い合わせ
電話番号042-752-1231
人を活かすまちを創る
人を育む家を創る
パッシブ地中熱
トップページへ
公共・大型施設等
一般住宅
建築技術
リフォーム
建物ができるまで
新着情報
施工中物件紹介
会社概要
お問い合わせ
資料請求
サイトマップ
個人情報保護
ホーム施工日記 サイトマップ

施工日記



あすなろ福祉センター(3月)

柱脚部分にベースパックを設置し、基礎の立上りとフーチンの配筋状況です。

鉄筋が均等にガッチリ組み合っています!

鉄筋屋さんと型枠屋さんが協力しながら作業を進めてくれています。

設備屋さんも配管用のスリーブ入れたりするのでいろんな業種の職人さんが

入ってきます。

現場ではコミュニケーションとチームワークが大切なのです

1本1本バラバラだった鉄筋が綺麗に均等に組み上げられました。

素晴らしい・・・ 美しい・・・

コンクリートの中に隠れてしまう部分にも技術がたくさん詰まっているのです!

フーチン部分の型枠に生コンを打設しています。

空隙が無いように、鉄筋をずらしてしまわないように慎重にバイブをかけます。

基礎立上り部分の型枠建込作業です。

だんだんと鉄筋が覆われていきます。

出来上がる基礎の形ピッタリに型を建て込むって、実は複雑な作業ですよね。

さすが職人さんです

流し込むコンクリートの内側からの圧力ってすごいんですよ!

膨らんだり歪んだりしないように、外側からガッチリ組んでいきます!

コンクリート打設を待つ型枠。

コンクリートを「打つ」とか「打設」とか言うのは、コンクリートの骨材が

鉄筋に引っかかって空隙が出来ないように、型枠を外側からハンマー等で

文字通り「打つ」からなんですよ。

今はバイブとかの機械で振動を与えているので「打つ」事は少なくなりました。

建築現場はどうしてもウルサイですが、昔に比べるとだいぶ静かになっています。

基礎が完成しました

ピシッと綺麗な基礎出来形です!

せっかく綺麗に出来上がった基礎ですが、埋め戻します。

何十年も地中で建物を支えてくれる事でしょう

埋め戻した土を転圧して、更に砕石敷いて転圧して、地面より下の部分は完成です。

今後は地上に立体展開していくのです


あすなろ福祉センター(2月)

千代田で新しい現場が始まりました

『(仮称)あすなろ福祉センター新築工事』です!

お施主様とのご縁に感謝しつつ、良い施工を心がけて頑張ります

2月6日の良き日に地鎮祭を済ませまして、いよいよ着工です

既存のAS舗装の撤去作業状況です。

建物の大きさに合わせてAS舗装を引っぺがして均します。

地面に基礎の大体の形を描いて根伐・掘削をします。

今まで平面だった図面の建物が立体に展開する瞬間です!

基礎底盤部分まで根伐・掘削し、転圧砕石を敷き、捨コンを打設しました。

捨コンとは、基礎の底面を平にし構造体の位置を決めるために敷くコンクリートです。

ブルーシートで覆われた部分は、堀残した土が崩れないよう養生した部分です。

長細い建物なのが分かりますね

地面に穴が開いている状態なので落ちないように囲います。

敷地内に大きな倉庫があるので、夕方は日陰になるのが早いです







資料のご請求 お問い合わせ


フッターイラスト このページのトップへ
株式会社櫻内工務店 本社〒252-0233 神奈川県相模原市鹿沼台1-14-7
TEL 042-752-1231(代) FAX 042-755-5995
COPYRIGHT 2009 SAKURAUCHI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
地中熱利用GEOパワーシステム施工代理店
電話番号&メールアドレス ban_space
FLASH PLAYERのインストール ADOBE READERのインストール フラッシュ素材やPDFを見るには専用のアプリケーション
をダウンロードの後、インストールしてご覧ください。